雪道の応援団

January 23, 2018

フリースパジャマを着たまま
スノーブーツを履く。
7時から大きなスコップで雪かき。
途中から母も参戦。

いつもより早起きをしたと思われる
知らない通行人の方々に

「おはようございます!」と言ってみる。

雪の反射でなのか、みんな顔が綺麗に見える。
下ばっかり見て歩くことに必死でも
声をかけると笑顔で挨拶を返してくれる。

応援団の気分になって
調子に乗ってどんどん声が大きくなって
雪かきがはかどる。

雪は不便だけど
知らない人に話しかけるには便利。

何事も、ちょっと不便なくらいが
心温かく生きられるような気がする。 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon