​Blog.

May 30, 2018

先日の玉井さんに続いて、四国を中心に地域の魅力を発信している

「物語を届ける仕事」の坂口祐さんのインタビュー記事がアップされました。

セルフターンオンライン

「四国・瀬戸内の残したい景色をデザイン。地域の魅力を届けるしごと」

坂口さんのインタビューをしている中で、「縁があって仕事をいただいて…」という縁という言葉がよく出てくる。

何も考えないで聞いていると、とってもラッキーな人…なんて思うかもしれない。

でもそうじゃなくて、人っていうのは本当は、いろんな縁があちらこちらで交差していて、

それに気が付かないですーっと通り過ぎてしまっているんじゃない...

May 25, 2018

定期的にインタビューとライター業をさせていただいている

『selfTURN』でのインタビュー記事が掲載されました。

https://media.selfturn.jp/local/2451

今回インタビューさせていただいたのは

愛媛県西条市にあるパン豆「ひなのや」代表の玉井大蔵さん。

玉井さんは、大手電機メーカーで10年勤務した後に、実家の農機具販売業を引き継ぐために実家に戻ったのですが…。

と、軽くドラマになりそうなくらいの玉井さんのご経歴や考え方。

玉井さんのインタビューは、赤裸々にお話してくださりとっても楽しかったです。

正直な話、このまま記...

May 18, 2018

お香といえばお線香?アジアン雑貨のお店でお香を買うのが流行っていた時もありました。

アロマオイルと違って、煙が出るのがお香の大きな特徴。

供養のお香の煙には死者が天国に行けますようにという願いが込められているのだとか。

今回のきものでかけるでは、多様な香料を調合し、お部屋で香りを楽しむ可愛いカラフルなお香を作りましたよ。

思い思いの形でネリネリと。本当はすべてコロコロとしたまるっこいお香を作るつもりが、創作意欲にかられてしまうんですよね。

 わたしはこれ。クジラ。オタマジャクシのように見えますが、目と口をいれたらクジラらしく見えるようになりま...

May 17, 2018

いつも、水引やお香のワークショップを一緒に開催していただく岡本英子さんの記事を書かせて頂きました。

なぜ和のことに携わるようになったのか、大切にしていることって何なのか。

大好きな方の人生の話を聞くってとっても楽しく、自分のためになります。

どんなことにも前向きに、言われたことは一度試してみる。

必ずしも自分の思う自分の価値と他人に期待される自分の価値は違くて

その間で少しモヤモヤすることもあるかもしれないけど、

その間をしなやかに生きる岡本先生って、やっぱり素敵で。

これからも仲良くしていただきたい限りです。

お時間のあるときに是非読んで下さい。

...

May 2, 2018

さて、もう気温だけでみたら夏ですね。

少しずつ浴衣が店頭に並びはじめています。

おそらく着物屋時代からかれこれ200枚位は販売したのかなと思います。

一昨年は、某浴衣販売新規参入の会社で、

浴衣の生地、柄、コーディネートなどの基礎を教えていたことがありました。

浴衣屋さんというのは夏の時期、水着屋さんのようにデパートなどに突如として現れ

販売員は浴衣の知識のあまりない方ばかり。

そしてその度に思いました。

「せっかくあと一歩で着物が着られる環境にいるのに

なんとなく販売して夏のアルバイトが終わってしまうなんてもったいない」

「もう少しコーディネートの楽...

April 14, 2018

新しいことが始まりワクワクする季節となりましたね。

5月のきものでかけるでは
ご自身のお好みの香りを調合できるお香づくりのワークショップを行います。

※お洋服での参加も受け付けております。

<お香づくりワークショップ詳細>
ころんとした、ボール状のお香を作ります。

お香の歴史を学んだ後、白檀、丁子、桂皮など天然の香原料を調合し、まるでカラフルなボールクッキーのような形に仕上げます。

お部屋に置いておくと、ほんのり香りが広がります。
(香りが落ち着いたら、火をつけて焚いていただいてもOKです)

今回、お好きな色の玉結びもプレゼント。
お香と一緒に...

March 28, 2018

趣通信のライブ配信は、今夜はKAPUKIさんからお届けしました。

とても素敵な玲子さん。スタッフの千晶さん。

楽しかったです。

時間もあったので、1人でお花見。

中目黒の駅はディズニーランドのように混んでいるので覚悟してください。

ただ、やはりその苦労分、桜は美しいかったです。

桜の花びらが散ると、

歩く人に踏まれた花びらが、

地面にこびりついたようにペッタリと貼り付きますよね。

毎回ごめんねって思います。

ひとは綺麗に咲いている花にばかり目が行きますからね。

「上ばかり見ても仕方ない」

そんなことを母に言われたことがありましたね。

February 7, 2018

1月30日にクラウドファンディングを終えて一週間が経ちました。

支援いただいた皆様への感謝の念は絶えません。本当にありがとうございました。

自分としてもよくこんなことをしようと思ったんだろうかと、ふと驚く時があります。

でも思いついたときはワクワクして止まりませんでした。

これだ!っと思ったのです。そう思ったら、止まらなくなっていました。

話が飛びますが、皆さんには後悔していることってありますか?

あのときに戻って、ああしておけばよかったと。

わたしはどんなに辛いことがあっても今が一番と思うようにしているし、実際にないのですが

今朝、戻りたい時が一...

January 23, 2018

フリースパジャマを着たまま
スノーブーツを履く。
7時から大きなスコップで雪かき。
途中から母も参戦。

いつもより早起きをしたと思われる
知らない通行人の方々に

「おはようございます!」と言ってみる。

雪の反射でなのか、みんな顔が綺麗に見える。
下ばっかり見て歩くことに必死でも
声をかけると笑顔で挨拶を返してくれる。

応援団の気分になって
調子に乗ってどんどん声が大きくなって
雪かきがはかどる。

雪は不便だけど
知らない人に話しかけるには便利。

何事も、ちょっと不便なくらいが
心温かく生きられるような気がする。 

January 22, 2018

雪が降っています。

電車の中の人は、雪につられて静かに時間と向き合っています。

電車の息遣いは慎重に

道を歩く人はスマホではなく足元に向き合い

いつもよりも貪欲に生きる人々。

これだけ日々忙しく、変えられる世の中で

自然には逆らえないと白旗を揚げ

転んでも誰のせいにもせず。

ただ静かに過ごす。

雪は神様がくれた振替休日みたい。

Please reload