• Kanako Shimazaki

京都きもの旅 丹後編


先日、12月19日〜21日までの3日間、

きもので京都に行ってきました!

伺ったのは、最近着物業界で話題の丹後ブルーを染める、小林染工房さんへ。工房の中はとてもきれいに管理されていました。きれいに保つことができると、雑念がなくなるので、作業に集中できるとのことで、いつも整理整頓していらっしゃるようです。

これが丹後ブルーで染めた生地。波の地紋が入った白生地に、だんだんとブルーが入って、海の底に少しずつ沈んで行くようです。これからデザインをする七五三の7歳のお祝い着は、今回のために染めていただく特別な一品。

そして、このブルーのすごいところは、色焼けしないブルーだということ。通常着物屋、というか生地の一般常識として、ブルーというのはとても焼けやすい色で、どうしても避けがちな色です。

この丹後ブルーに使われている染料は焼けません。

そして染料を知り尽くした小林さんだから扱える、一筋縄ではいかない染料なのです。

堅牢度4級以上、そして「5級の試験をしたらそれも通るだろう」と言う小林さん。

このブルーは一生色褪せない、そんなブルーで七五三の一生の思い出を残してほしいな。

ということで、現在実施中のクラウドファンディング、この着物を着て写真を残してほしいです。

これからデザインを考えるのも、とっても楽しみです(^^)

乞うご期待!

詳細のインタビュー生地はまた別途掲載する予定です。

#丹後ブルー #丹後 #小林染工房 #丹後ちりめん #着物 #職人 #インタビュー #クラウドファンディング #七五三 #お祝い着 #7歳

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示